体験ダイビング(海)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月18日 記

体験ダイビングを開催するのはダイビングショップです。ダイビングショップに直接申し込みをします。レジャー(体験)予約サイト経由で申し込みもできますが、開催するのはダイビングショップになります。リゾート地では、ホテルのツアーデスクや旅行会社でも申し込みすることができます。ネットやパンフレットでもたくさんのショップが掲載されているので、どこにすれば良いのか悩みます。場所によってやり方は異なります。ボートを利用するのか、ビーチで行うのか。半日コースと一日コース。ランチ付きか、シュノーケリングをする時間があったり、無人島に上陸する時間があったり様々です。現地集合、ホテルピックアップも確認が必要です。各ショップのホームページを確認してもよくわからないことがあれば、直接問い合わせてみましょう。丁寧に教えていただけるショップがベターです。特にリゾート地は人数も多く、流れ作業のようにこなすところもあるので注意が必要です。

申し込みからの流れ

ショップが決まれば、メールや電話で連絡をして希望の日程を伝えましょう。そこでまた詳しく案内をしてもらえるでしょう。料金も内容により異なり10,000円から20,000円ほどの幅があります。体験ダイビングに必要な持ち物は、水着、バスタオル、(濡れた足でも履けるように)ビーチサンダル。その他、ラッシュガード、サーフパンツ(ボードショーツ)、日焼け対策の帽子やUVカットのパーカーなどがあると役立つでしょう(わざわざこのためだけに購入する必要はないと思いますが)。使用するダイビングの道具はすべてショップで用意してもらえます。道具の利用代金も、体験ダイビングの費用の中に含まれています。プールと同じく、注意して欲しいのは、人数対比です。担当インストラクターに対して、何人の参加者がいるのか。とても大切ですのでここは必ず確認した方が良いでしょう。通常1人のインスタラクターに対して4名まで、現在は2名までやマンツーマンが多くなっています。人数が多い場合は、あまりお勧めできません。また、はっきりした返事をしない、返答を面倒くさがっているショップもNGです。

体験ダイビング当日

ホテルピックアップ、ショップ集合、現地集合など。朝から水着を着用しておくと着替えが楽です。事前にレクチャーをよく聞き、わからないことがあれば確認しておくことが大切です。浅い場所で簡単な練習をする場合もあります。いよいよ水中へ!水中に潜るのはは20分から30分ほどです。水深は5mほど。魚と一緒に泳ぐ、魚と目が合うなど、初めての体験に感動するでしょう。その後は、シャワーを浴びて、着替えて解散。の流れです。

仙台の体験ダイビング(海)事情

海もプール同様、ホームページに案内はあっても、あまり開催されていないのが実情のようです。目安は、日程が記載しているかどうかです。開催する場所は、宮城県もしくは山形県の海になります。興味のある方は、各ショップのホームページを確認の上、問い合わせてみると良いでしょう。

REI DIVING CLUBは、夏季に50名限定で、海洋の体験ダイビングを開催しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*