ドライスーツってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライスーツが必要な理由は、2つ考え方があると思っています。1つ目は、年間を通して、寒い場所でも潜りたい人のためのドライスーツ。宮城県内でも一年間を通して、潜る。そして、北上して函館から知床、、北海道へ!あわよくば流氷ダイビングまで。クリオネは有名ですね。ダイバー的にはカッコ良い。でもこれは、一般的なダイバーのちょっと上の発想です。そうではなく、

 

 

私たちが必要と思う、もう一つの理由は。

 

 

ウェットスーツで、快適に潜れる水温は24度以上だと思っています。

 

夏の日本海は28度まで上がりますし、私たちが伊豆ツアーを多く組むのは、9月ですので25度。

 

沖縄は5月〜11月が24度以上。

 

水温に合わせてツアーを組んでいる感じ。実働約半年。

 

しかし、もっとダイビングを楽しむためには、期間が短か過ぎるかもしれません。

 

前回のブログにもあるように、志津川の最高水温は20−21度です。

 

夏は特にここ最近気温がとても高いのでウェットでも潜れますが。

 

8月と9月のちょっとだけです。

 

猛暑の季節を外しても潜るためには、ドライスーツがマストアイテムになります。

 

感覚的にはウェットスーツでの24度は、ドライスーツだと16度くらい。

 

よって16度以上の水温は快適に潜れるようになります。

 

よって、伊豆の海は1年間カーバーできるようになるし、もちろん沖縄も1年中OK。

 

志津川だって半年カバーできます。

 

こうなるとダイビングも、もっと様々なスタイルで、もっと身近に楽しめるようになるでしょう。

 

ドライスーツは難しい?

 

そんなことはありません。

 

ウェットスーツーでちゃんと潜れればドライスーツでも一緒です。

 

楽しく、寒さ知らずで練習しましょう。

 

快適ですよ♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*