ダイビングツアー の記事一覧

仙台から行く、ボホール島ツアー

2018年4月23日 記
2018年4月27日 追記
※2018年3月14日〜18日開催のダイビングツアーをベースにした内容です。

ボホール島は、フィリピンで一番有名なリゾート地、セブ島の隣の島です。一般の方々が想像するセブ島のイメージは、実はボホール島かもしれません。セブ島以上に海が綺麗で自然が豊かです。フィリピンのダイビングで一番有名なポイント「バリカサグ」で潜る場合も、ボホール島から行きます。個人的には、今までフィリピンでは5つ目(ミンドロ島、セブ島マクタン、セブ島モアルボアル、セブ島リロアン)のリゾートでしたが、一番のお気に入りになりました。定期的に行きたいと思っています。

続きを読む

時差ボケについて

2018年4月9日 記

時差ボケは人によって(体質によって)、大きく差があるようです。まったく大丈夫な人と、弱い人。弱い人はちょっとした対策をした方が良いでしょう。東側へ移動する時、時差ボケはきつい。日本からと考えると、ダイビング地で有名なのは、「タヒチ」や「カリブ海」など。

続きを読む

貴重品の管理について

2018年4月7日 記

貴重品は、持ち歩かないことが原則です。そもそも必要以上のものは持って来ない方が良い。日本のままの大財布⁇で、使いもしないクレジットカードを何枚も持っていてもしょうがないし、多過ぎる現金(日本円)もいらないです。

フロントのクロークに預けるのが一番安心。もしくは各部屋に備え付けのセーフティーボックスへ預ける。セーフティーボックスだって、安全ではない。と、言う方がいます。しかもプロが。が、ちょっと待ってください。

続きを読む

ロストバゲージについて

2018年4月5日 記

受託荷物は失くなることがあります。正しくは、届かないことがあります。届かないことが、、十分考えられます。ロストバゲージ(荷物の紛失)です。積み忘れ、積み間違い、荷物だけ別の空港へ行ってしまった場合など。

私たちのツアーで、ロストバゲージは過去1回。グアムツアーの時。不幸中の幸いだったのは、帰りだったこと。グアム空港で預けた荷物が、仙台空港へ届きませんでした。(このパターンは多い。日本出発便はロストバゲージは少ない。と思う。)良く聞く、荷物が出てこないのにターンテーブルが止まってしまった、のではなく。ターンテーブルで待っていたら名前を呼び出されました。事前に積んでいないことがわかっていたようです。住所を書いて翌日に郵送いただきました。特に急ぎのこともなかったので、何の問題もなかったです。

続きを読む

預ける荷物について

2018年4月3日 記

今回は受託荷物(カウンターで預ける荷物)のこと。
国際線は特に、貴重品は必ず機内に持ち込みしてください。
貴重品とは、現金はもちろん、カードや免許証。iPadやデジカメ、ダイバーならダイブコンピューターなど。盗難対策です。これはまず戻って来ません。荷物の紛失(ロストバゲージ)対策ではありません。こちらの場合は、後日戻って来る事が多いので。

続きを読む

機内の過ごし方

2018年4月1日 記

飛行機の移動が好きな人もいれば、飛行時間が長いことが、苦痛な方もいます。あまり長いとちょっと疲れてしまいますよね。海外ダイビング ツアーの経験から、快適な機内の過ごし方をご紹介します。細かく書き出すと長くなってしますので、簡単にまとめています。

続きを読む